財形貯蓄と企業持株会でしっかり資産形成しよう

財形貯蓄と企業持株会でしっかり資産形成!

>

財形貯蓄で貯めていく

財形貯蓄とは?

財形貯蓄とは、勤労者財産形成貯蓄制度の略で会社の福利厚生のひとつで給料から天引きで提携銀行へと貯金をしていってくれるというものです。
財形貯蓄には種類があり、特に目的を決めていない使い道自由な一般財形貯金、将来の住宅資金を作っていこうという目的の住宅財形、その名のとおり老後のために貯金していく年金財形、の三つです。
それぞれに決まりごとが違い、契約年齢は一般は年齢制限なし、3年以上の積立が必須で中途解約は1年後からでき、住宅と年金との併用が可能です。住宅と年金は55歳まで、積立は5年間が条件です。それぞれ目的以外に使うことは解約することになり、優遇がなくなります。
退職や転職でその会社での財形貯蓄ができなくなる場合は2年以内に財形貯蓄のある会社に就職することができればそのまま継続することができるようです。

メリット・デメリット

メリットは、給与天引きなので他のことに使ってしまう前に貯金ができるということ手続きは会社がやってくれますが解約の時は少し面倒なのでその手間を考えたら貯めておこう、ということになること、住宅財形と年金財形においては
両方で550万円までの税金が非課税になるという優遇制度があります。なので少しでも家のリフォームの可能性や購入、新築建築を考えている人は住宅財形にしておいて税制優遇を使った方がお得になりそうです。

デメリットとしてはメリットと紙一重のような部分が多いですが、いざ解約となった時に手続きが面倒、1年間は引き落とせない、住宅財形と年金財形は目的以外で引き落とした場合、5年間さかのぼって利息に税金がかかってしまうそうです。
住宅と年金は税制優遇がある分デメリットでのリスクが大きいかもしれません。いちおやっておこうという程度であれば一般にしておいた方が良いかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る